アルバイトに受かるための履歴書作り

アルバイトの履歴書作成では、自分が受けるアルバイトの業種では、どんな能力が必要か確認する事が大切です。

アルバイトに受かるための履歴書作り

アルバイトに受かるための履歴書作り

就職活動で履歴書を作る際、多くの場合1度は学校からの指導があったり、専門の参考書が多く市販されていたりと、お手本になるようなものが多くあります。しかし、アルバイトの面接を受ける場合、学校の就職支援センターでも面倒は見てくれませんし、アルバイト専門の履歴書の本を見つけるのも困難だと思います。一度就職活動を経験している人ならまだしも、学生で初めてのアルバイトでの履歴書作成となると、どうしていいのか分からない事だらけだと思います。また、アルバイトの履歴書作成でポイントとなる事は、就職活動での履歴書とは少し異なる部分もあるので、その違いについても意識しながら、履歴書作成を進めていかなければなりません。

履歴書作成をする際に必ず行うべきなのは、自分が受けるアルバイトの業種は何なのかを確認する事です。この作業は、自己アピールを埋めていくために重要です。例えば、飲食店の場合よく考えられる手としては、人と接する事が好きであるという事や元気で明かるいという事を自己PRとして書くという事です。接客は飲食店の基本なので、ぜひこのような内容を書きたいところです。しかし、コミュニケーションが苦手だという人もいるかと思います。そういった時に履歴書に嘘を書くわけにもいけないので、自分の別の長所を見つけ出さなければなりません。ここで私がおすすめしたいのは、運動系の部活動をしていた人はそれを強くアピールするという事です。飲食店というと、お客さんといかに上手に接する事が出来るかが大事なように思えますが、それと同じくらいに体力が重要です。飲食店のアルバイトはかなりハードなので、体力がないと辛いと思います。実際に、面接の際に体力に自信はあるかという質問をされる事が珍しく無い程です。運動系の部活動の人は、これまでつけてきた体力や忍耐力をアピールするチャンスなので、部活に関する事をしっかりと記入すると良いでしょう。他の業種でも、何が求められるのか複数の項目を考えてみましょう。単にコミュニケーション能力だけでなく、色々なものが必要であると気づけるはずです。そして、その必要な事の中から、すでに自分が経験したこと、身についている事を自身を持って記入するようにしましょう。

Copyright (C)2018アルバイトに受かるための履歴書作り.All rights reserved.