アルバイトに受かるための履歴書作り

履歴書は最初にその人となりを判断する材料になります。アルバイトでも心をこめて書くことをおすすめします。

アルバイトに受かるための履歴書作り

意外に重要、アルバイトの履歴書

自分が勤めている会社でも、時折アルバイトを募集することがあります。その際は必ず履歴書を持ってきてもらうことにしていますが、だいたいの印象はここで決まってしまうと言っても過言ではありません。正社員だと書類選考の後に何度か試験と面接を繰り返しますが、アルバイトの場合は履歴書を見てから面接をして決める場合がほとんどです。ですから、なるべくきちんとした印象を持たれるような履歴書にした方がいいと思います。

まず、毎回新しい用紙に書くようにして下さい。他のバイト先の面接に持っていったものを流用する人がたまにいますが、一見きれいに見えても再利用だとわかってしまいます。当然、面接する人に良い印象を持たれませんし、「他の面接で断られたのか?どうして?」と思われたら不利になります。証明写真をきれいに剥がして貼り直すのはまだいいですが、毎回新しく書き直してください。それと、近頃はワープロやパソコンで履歴書を作る人が増えていますが、できれば手書きにした方が印象が良いです。字が下手でも、丁寧に書こうと時間をかけた字は、すぐにわかります。コピーすれば何枚でも作れるものより、手書きで作った履歴書の方が、特に年配の面接の人には印象が良くなるようです。

履歴書を見て印象がだいたいわかると書きましたが、自分も選考の手伝いで何度か見せてもらったことがあるのですが、字と文章から「きちんとした人か、そうでないか」「気が短いか、おだやかな性格か」などは伝わってきます。面接はそれを確認するためのもので、面接官によると、だいたい履歴書を見て思ったことは会ってみても同じことを思うのだそうです。それだけ重要なものなので、アルバイトだからと軽く考えず、心をこめて履歴書を作成した方がいいと思います。

最近の急上昇ワードアルバイト関連のハナシは、情報量が多いこのサイトが手軽で便利です

Copyright (C)2018アルバイトに受かるための履歴書作り.All rights reserved.