アルバイトに受かるための履歴書作り

友人がアルバイトの面接で、お店を間違って履歴書を提出してしまったのですが、とりあえず面接をしてもらえました。

アルバイトに受かるための履歴書作り

アルバイトの面接で、お店を間違って履歴書を提出してしまった。

お店を間違って面接を受けてしまった友人の話です。学生時代に友人がアルバイトの求人雑誌を見ていると、自宅の近所のどんぶり屋さんの求人があり、面接してもらおうと電話連絡し、面接に行くことになりました。面接を終えた友人は、お店に入って自己紹介して、履歴書を出したんだけど、今日は面接の予定はないんだけど、とりあえず話聞くよ。という対応をされたそうです。友人的にはしっかり電話して面接の日時を決めてもらったつもりだったのにどうしてかな。と思っていると、面接が終わって1時間くらいした事に、面接に来なかったから何かあったのかと心配してたよ。と本当に面接を希望していたどんぶり屋さんの店長から連絡がきたそうです。実は彼の自宅近くには2件のどんぶり屋さんがあって、全く違う系列なのですがどちらも似たような名前で、友人は求人募集を出していない方に間違って行き、面接をしてもらったのでした。面接結果は不採用でしたが、いきなりきた面接希望者に応じた店長は心が広いなと思いました。

その後友人は最初の求人があった所で、面接を受ける事ができて、見事採用となりました。あの時店長が心配して電話をかけてきてくれなければ、無かった採用でした。それから友人はそこで1年くらい勤務を続けましたが、残念ながら不景気で赤字が続いたために閉店となり、他のアルバイト先を見つける必要が出ましたが、そこで働いた一年間は良い仲間とも出会えてとてもいい思い出になったようです。

最近の急上昇ワードアルバイト関連のハナシは、情報量が多いこのサイトが手軽で便利です

Copyright (C)2018アルバイトに受かるための履歴書作り.All rights reserved.